忙しい毎日の中で洗濯を行い続けるコツを紹介します。

学校や会社が忙しくて洗濯をする暇がないという方、意外に少なくないと思います。
洗って干す作業を2時間で済ましたとしても、帰宅が遅くなったりして殆ど寝る時間しかない時は
そういった時間すら取れないことが多いです。
そこで今回は忙しくて洗濯をついつい放置してしまう方向けに洗濯を無理なく行う工夫を提案してきたいと思います。

●洗濯を日常の中で無理なく行うコツは最低限の物だけをこまめに洗うこと

まず、今回のケースで考えたいのは時間が取れない、もしくは疲れている、ということが大前提にあるということ。
こういった前提があるので、時間と手間がかからない工夫をするのが対策として望ましいと言えます。

そのため、この度提案したいのはずばり、最低限の物しか洗濯をしないという方法。
この方法では着用している衣類が多くても匂いが付きにくかったり乾きにくいものは全て休日に後回し、
優先する衣類だけを洗濯して余った時間は休息や娯楽にあてます。

洗濯に限らず、食器なんかもそうですが、洗い物を放置してしまう方の殆どは
溜めすぎてしまって対処する気を失ってしまったパターンが見られます。
量が多ければ多いほど洗い物をする気力を削いでいきやすいです。
まとめて片付けよう!と思って後でいざやると体が動かなくなってしまった、という声も比較的よく聞きます。

ですので、そういった方でも行えるように
洗う物はあくまで最低限、すぐに洗って干してすぐ終わりにできるのが今回の方法の特徴となっています。
続けていけば習慣にもなりますので生活の質を上げる面でも効果的なはずです。

もちろん洗うならば匂い落とし、汚れ落としは手間を減らすためにもしっかり行っておいてくださいね。
二度手間を増やさないようにして、無駄な労力を使わないことも洗い物を続けていくためのコツです。

ちなみにこの方法の場合、優先して洗う順位として最初に挙げられるのは下着類。
匂いが残りやすいものですし、日常的に身に着けるものですから
清潔にしておかなければいけません。

その次はトップス、ボトムスですが、こちらは状況や使える時間に合わせて洗ってください。
それぞれ換えがあるならば消臭剤をかけて、最低限のケアを行ってから
改めて休日に時間をかけて洗うのも良いでしょう。

アウターなどかさばるものも余程のことがない限り
時間の空いている時にじっくり洗濯を行う方が望ましいです。

●洗濯をする際に気付けるべきこと

前日に洗濯物を一気に洗って次の日干す、というのは基本的にNGです。
なぜかというと洗い物は一晩置いておくだけで匂いや雑菌が繁殖します。
それが衣類の品質劣化や傷みに結果的に繋がるので
洗ったままの放置は出来るだけ控えておかなければいけません。

ですので前項で述べたような、干しきれない量を洗わないという事は些細な事ですが
意外に重要です。

ちなみに長時間の洗剤の漬け置き放置も衣類が傷む傾向にあります。
半日漬けこんでも2日漬け込んでも殆ど場合、あまり効果に差がない事が多いので
あまり長時間放置しないようにしましょう。
サッと洗い物をするのが時間や手間の問題だけでなく洗濯的にも正しい方法なのです。

また、洗わない場合でも出来るだけ衣類を粗雑にまとめておかないようにしてください。
衣類同士の匂いは早い段階で伝染します。
汗の匂いが付いたトップスなどと普段扱うアウターを一緒に置いたりすると
アウターにもそれなりのケアが必要になり、日常生活で不便さが出ることも考えられます。
そういったケースもあるので、脱いだ後すぐに洗わない場合はハンガーなどにかけたり
それぞれ個別に分けたりして保管するようにしましょう。

メンズのファッションで見えてまいがちな胸毛、腋毛!女性的には許せる?許せない?

メンズのファッションで見えてしまいがちな胸毛、腋毛。
こういったものを女性達はどのように感じているのでしょうか。
今回はそれをテーマにして、体毛が見えるのは許せるか許せないか、どちらに感じるのか
女性達にアンケートを取ってみました。

●男性の胸毛、腋毛が衣類から見えるのを許せると感じる方の意見

・胸毛は男性的な魅力を示す物だと思うからあっても良い
・体毛が見えた方がたくましく感じる
・セクシーなポイントだと思うので、見えても問題はない

まずは体毛が見えるのを許せると答えた側の意見から。
こちらの意見では男性の胸毛、腋毛を魅力的な部分と捉えているケースが見られました。

確かに体毛の見え方によっては男性のワイルドさ、ひいてはセクシーを感じやすいですね。
ビジュアルの面で好感を持つ女性がいるというのは男性にとっては割りと安心出来るポイントではないでしょうか。

加えて下記にあるような意見もこのアンケートでしばしば述べられていました。

・自然的な物なので隠したり、処理しているとおかしい気がする
・剃った後が見えると逆に不自然

自然に生えてくるからこそ、そのままにしておくべきという考えの方もいるようですね。
海外では男らしさのシンボルとして、体毛を見せることを重点においたファッションもあります。
その場合はもちろん剃ったりしないことが一般的。
ですので、これらの意見はある種ワールドワイドな考え方と言えるのかも、と感じました。

●男性の胸毛、腋毛が衣類から見えるのを許せないと感じる方の意見

・ビジュアル面で気になる
・清潔感が無いと感じてしまう
・見ていて気持ちの良いものではない

体毛が見えてしまうのを許せない、と答えた方の意見の殆どには
見えることに対する不快感や体毛が清潔感を感じさせない事が述べられていました。
汚れや匂いがなくても、見たくないと思っている方がやはり一定数存在するようです。

腋毛はTシャツを着用していると意図していなくても見えてしまうことがあるので
女性の目がある時はそういったことに出来るだけ気をつけた方が良いかもしれませんね。

また一方でこんな意見もありました。

・揃えてあるならばともかく、延ばし放しはだらしがない
・見せるのならば、全て剃らなくていいけど整えて欲しい

見えるのは別に構わないけど、しっかりマナーや清潔感を保ってね、という感じでしょうか。
剃るか剃らないかの2択で考えてしまいがちですが、整えるという方向性も
この意見を見る限り有効であるように思えます。

また、日本人特有の体型もこの部分に関係しているかもしれません。
欧米人などと比べると日本人はやや小柄なので、
ワイルドさ、逞しさよりもだらしの無さが前面に出てしまいやすい傾向にあるのではないでしょうか。

●まとめ

アンケート結果では様々な意見が得られました。
見ること自体嫌いな方がいる一方で、チャームポイントとして捉える方も同程度存在していたり
手を加えて清潔さを出したほうが良いという意見がある中で、剃るのはおかしいという意見も。
全体的な意見の割合としては体毛が見えるのを許せるが4割、許せないが6割だったので基本的には
腋毛、胸毛は不快さや清潔でない印象を招きやすいかもしれません。

ただ、意見が割れたように工夫次第では魅力的な要素として、体毛を見せられるのかも、と個人的に感じました。
難しい問題ですが体質や体型に合わせた自分らしさの出るファッションを考えていきたいですね。

今回はアンケートの意見という形なのであくまでも一参考として留めておくのが良いかもしれません。
今後のスタイルの決め方の参考にしてみてください。

仮装はどうやって行ったら良いの?仮装やコスプレの仕方を紹介します。

近年ではハロウィンなどの催し物で仮装やコスプレをするケースも珍しくありません。
場合によっては飲み会の芸として行う場合もあるでしょう。
今回はそういった時に役立つ仮装、コスプレの仕方を紹介します。

●仮装する前には資料や参考にできる物を探しておこう

当たり前ですが、一からアイテムを揃えたり、何の参考も無しに化粧を行える人は中々いません。
何をするにしてもある程度の資料が必要です。
実在する物の格好だけでなく空想上の物の格好であったとしても
参考になる物があれば、どんな材料を使って、どんなビジュアルにすべきかが
よりハッキリ解るようになります。

基本的に、仮装になれていない方の失敗パターンは大きく2つ。
高望みしすぎて理想に届かないパターンか
どんなアイテムを用いたら分からず途方にくれてしまうパターンです。
しかし、上記のように資料や参考先を用意しておけば、より現実的に考えられやすくなるため
これらのことで躓くことは殆どなくなります。

仮想する対象がファンタジーやアニメ、ゲーム、漫画など二次元的な物だった場合は
用意する小物もそれなり多い可能性があるので、より詳細な資料があると良いかもしれません。
参考にできる人、物を発見しておいて、その上でどんな仮装するのか明確に決めてみましょう。

●既製品を購入するのもあり?

もちろん、仮装するアイテムは手作りじゃなくてもOK。
既製品でも全然問題ないですよ。
ただ、一般的な洋服と同じで、品質は作り手によって様々です。
特にコスプレアイテムなんかは海外で生産されてるケースも多いので全てが日本の品質基準に
通った作りであるとは限りません。

そのため購入する際は価格の高さ低さに限らず品質チェックをしておくのが望ましいといえます。

近年ではネット通販系が多いため、そちらを利用した場合
手で触って品質をチェックするという事が物理的に不可能です。
ビジュアルで決めて購入してみたけど、実際に着てみたらイマイチな作りだった、では困りますよね。
そのため出来るだけ、既製品を購入する時は信用のおける業者や利用者の評価が高い業者、もしくは
直接質感を確かめられるお店を選ぶようにしましょう。

●危なく無い小物を用意しよう

仮装やコスプレをした際のトラブル、事故は意外に多いです。
これを聞いて何故?と思った方もいるかもしれません。
そのトラブルや事故の多くは、実は小道具や小物からきています。
使っている小物が周囲の物、人に触れてトラブルを起こしてしまうという訳なんです。

特に尖った小物はふとしたことで物や人を傷つけてしまいやすい傾向にあります。
そういった事故が多いためか、近年の仮装イベントなどでは尖り具合が制限されていることも。

もちろん尖った飾り付けなどが無くても状況によってトラブルの元になってしまうケースも存在します。
仮装で使用する小道具や小物、そして衣装に、走り回る子供がぶつかったりしたらどうなるか、
もしくは周囲を傷つけてしまわないか、一度考えてみましょう。

もし、そういったことで不安がある場合は小道具の材質を柔らかい物に変えたり、形状を丸くして尖る部分を無くしたり
してみてくださいね。
プラスチック、紙などの周囲を傷つけにくい材料で工夫してみるのも良いでしょう。

仮装のビジュアルや見映えは確かに大事ですが安全面をしっかりしておくことが何よりも第一です。

以上、仮装やコスプレの仕方として各ポイントを紹介してみましたが
如何でしたでしょうか。
仮装が初めての人も慣れている人も、今一度各項目で述べている内容を
意識してみましょう。
今後の参考になれば幸いです。

メンズのファッションでの気になる匂い!その対策方法を紹介します。

メンズファッションで注意すべきはビジュアルだけではありません。
匂いについてもしっかり気を配っておくことが、印象を良くする秘訣だといえます。
今回はそんな、匂いの対策としての工夫をそれぞれ紹介していきたいと思います。

●基本は洗濯時にしっかり匂い抜きをする

匂い対策をする前提として、洗濯時に天日干しや脱臭剤での匂い抜きがしているかどうかを
まず確認してください。
特に干す際、日光が満遍なく衣類に当たっているでしょうか。

これをしておかないと衣類に匂いが残ったままで着用してしまうことになるので
洗濯は出来るだけ手を抜かず、しっかり行うべきです。
洗剤を使った漬け置きは匂い対策としても効果的ですが
長時間放置しておくとカビや傷みが起きてしまう可能性があるので注意しましょう。

洗濯は衣類の汚れだけでなく、匂いをリセットする点でもベストなタイミングと言えます。
衣類の匂いが気になる方は一度洗濯の工程を見直してみては如何でしょうか。

●衣類に消臭剤をつける

洗濯をしっかり行っていても完全に匂いが消えるケースは
はっきり言って殆どいってありません。
たとえ、汗や汚れによる匂いが衣類から消えたとしても
新たに洗剤や洗濯機から発する特有の香りが付いてしまうケースが多いです。
そのため、この項目では匂い消しの最後の仕上げとして消臭剤をふりかけておくのをオススメします。

消臭剤にも様々な商品がありますが、用途別に大きく分別すると
匂いを消す目的の物と香りをつける物の
2種類に分けられます。
基本的には、それぞれの特性を活かし、前者で匂い消しをして後者で香り付けをするのが望ましいです。

もちろん片方だけの運用をしてもそこまで問題はありません。
しかし、衣類に匂いが残っている状況で香りをつける消臭剤を使ったりすると、匂いが混じり合ってしまい
思わず鼻をつまむような香りになってしまうことも十分考えられます。
ちなみに匂い消しの消臭剤のみだけだと、汗の匂いがつきやすい状況を作ってしまいやすいので
こちらも注意しなければいけません。

また、勘違いしやすい事柄なのですが
消臭剤を大量にふりかける=匂いが良く消えるという訳ではありません。
あまりに強すぎる匂いや取れない匂いの場合は消臭剤では対処しづらいです。
そういった時には洗濯をし直した方が確実に匂いの元を落とせます。
大量に消臭剤を付けてしまったせいでベタついた見映えになってしまったり
特有の匂いがついてしまったケースを良く見かけますので
この点もしっかりと頭に入れておきましょう。

異性と会う前などは、つい匂いに神経質になってしまいがちですが
過度に消臭剤をつけないように意識しておいてください。

●匂い対策では香水をつけるのもオススメ

汗や体臭が匂いの原因の場合、衣類の匂いを落としただけでは
対策としては万全ではありません。
こういったケースでは香水をふりかけてみましょう。

男性が香水なんて、と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが
最初に述べているように匂いはマナーの点において蔑ろに出来ない大事な要素です。
印象にも関係してくるので、つけておくことに越したことはありません。

香水を選ぶ基準ですが、こだわりがなければ鼻につかない匂いを選んでください。
ビジネスシーンで使っても違和感のないミント系など、さわやかな香りのする香水が特にオススメです。
もちろん、ビジネス用カジュアル用でそれぞれ揃えてみるのも良いと思います。

ビジネスでもカジュアルでも悩みのタネになりやすい匂いの問題。
今回紹介したことを意識しておけば、きっとその悩みも解決できるはずです。
是非、一度これらの匂い対策を試してみては如何でしょうか。